みどうきんのひとりごと

東京都内で適当にスナップ写真撮ってます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気づいたら手元に沈胴ズミクロンがあった話

ええ、気づいたら手元にあったんですよ。
こいつが。

WP_20170212_013.jpg

沈胴式の初代ズミクロン 5cm f2.0です。
ライカのレンズの中で最も有名な銘玉、""空気さえ写る""と言われた「ズミクロン」をついに手に入れてしまったわけです。
あの、つい1ヶ月前にM3を手に入れたばかりなんですけど・・・(さらにその前の月の1月にはズマロンを購入してます)
ライカの魔力は恐ろしいですね(^_^;)

さて、今回のレンズもM3と同様またまた偶然のめぐり合わせというか運命的な出会いを果たしたモノでもあります。
ここで逃したら多分一生無いだろうなぁ、という価格だったので多少ムリをして購入しました。
値段はヒミツです…(^o^)

今回購入したレンズの状態は
・前玉に拭き傷がほんの少しあるのと、レンズ内に小さなチリが少しある点を除けば概ね光学系はクリア。
・絞り羽根に油浮きなし。
・ちょっとヘリコイドが渋いのが気になる。
と言った具合。
まあ購入価格と状態を考えると買って大正解だったかと。

ちなみに製造年は1955年ごろでLマウント。
沈胴ズミクロンといえば放射性物質を含むトリウムガラスのものがありますが、私が買ったズミクロンは高屈折ガラスLaK9を使用したごく普通の沈胴ズミクロンです。
モノクロでの写りはトリウムガラスを使ったズミクロンが素晴らしいとのこと。
ただしトリウムガラスズミクロンはタマが少ない関係で相場が高いので多分一生円はないでしょう(笑)

WP_20170213_006.jpg

いつものL-Mアダプターを入れてM3に装着。
ライカM3+ズミクロン50mm、まさに「王道を征く」ですね.。
ちなみにフィルターはやっすい中古のケンコーUVフィルター(500円くらい)を付けました。純正品は高いですからね。
前玉ギリギリですケドネ…(^_^;)

M3とズミクロンが揃ったわけですけど今後も素敵なライカライフを楽しもうかなと思います。
すでに次はエルマー5cmが欲しい、と思っているところです。
でもまあ半年は何も買えないでしょうけどね…。

あ、あとズミクロン向けのレンズフードである12585が欲しい。
ITDOOより12585の方がズミクロンには似合うと思うので。
ですがレンズフードの中古でさえ諭吉さん1枚じゃ買えない。
ライカは恐ろしいです。

そんなことは置いておいて、早くズミクロンの写りを堪能したいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| カメラ関係 | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。