みどうきんのひとりごと

東京都内で適当にスナップ写真撮ってます。

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライカ M3を手に入れてしまった話


WP_20170121_020.jpg

えーっと、買ってしまいました。ライカM3を。
今も続くライカMシリーズの原点であり、レンジファインダーカメラの最高峰をついに手に入れてしまったわけです。

少し前に初めてライカM3を触ったのですがこれがいけなかった。
驚くほど静かなシャッター、スルッとした巻き上げの感触、ファインダーの見え方、そして適度な重さと工芸品のような緻密さ。
すべてがミノルタCLEの上をいっていました(勿論ミノルタCLEも素晴らしいカメラです。なにより私にレンジファインダーカメラの楽しさ・魅力を教えてくれたカメラです)
その瞬間もうライカの感触が忘れられません。
ライカのカメラの虜になってしまったわけです。

ちなみにお値段は8万円。
都内のカメラ店で保証付き・小整備済みの状態のものを購入してきました。

WP_20170121_008.jpg

さて、ここで今回私が手に入れたライカM3を紹介します。
シリアル番号は86万代、このサイトによると私のライカは1957年の2月14日以降に製造されたことがわかります。
また、ライカM3は製造年数が長いこともあってか何回かマイナーチェンジを行っており、大きく分けて前期型、中期型、後期型とわけることが出来るようです。
こちらのブログでは更に細かく分けられており、これを参照すると私のM3は中期型下に当てはまるようですね。
この頃からシャッターダイヤルが国際系列から大陸系列になったり、それまでガラス製だったフィルムを押さえるプレ-トが金属になったりしたみたいです。
巻き上げレバーはスプリング式のダブルストローク。
とても滑らかな巻き上げ感覚です。

WP_20170121_010.jpg

外観は年式相応だと思います。
グッタペルカの剥がれ、浮きも見られません。
トップカバーにはライカMRメーターという露出計を装着したような傷がありますが、まあだいたいのM3には付いてるそうです。
裏蓋は…ちょっと残念かな(^_^;)

WP_20170121_015.jpg

このM3、なんとラピッドローディングスプール化されています。
M4以降に採用されたもので、従来のM2、M3と比べより簡単にフィルムの装填が可能になる代物です。
勿論、私のM3のように後でこの機構に変えることが出来るのですがそれがまた中古でも高い(15000円位?)わけでして…(^_^;)
ちなみにこれ、買ってから気づきました(笑)
しっかり店頭でチェックしたはずなんですけど…まあ儲けられたんでよかったです(笑)

WP_20170121_005.jpg

最高の状態のM3のファインダーを覗いたことがないのでなんともいえませんが。
カビ・ホコリは切れは見られませんが正面から見ると縁にバルサムの劣化は少し見受けられます、まあしっかり見ないと分からない程度ですし覗いても殆ど影響ないですが。
ブライトフレーム・二重像が真っ黄色にはなっていませんし、プツプツとした気泡も見つかりませんでした。いわゆるちょっと劣化してる状態。
しかし、少し二重像のコントラストが低い気がします…多分。
でもまあ全体的には値段と年を考えるとなかなかいいファインダー状態なのかもしれません。

「M3のファインダーを両目を開いた状態で見るとフレームが風景に浮き出て見える」なんて言葉を聞いたことがありますが、M3を触るまでは「ま~たライカオヤジが嘘こいてるよ(笑)」と思ってました。
ゴメンナサイ、ほんとに見えるんですね。

WP_20170121_024.jpg

ミノルタCLE(ズマロン+正像ビドム)とライカM3(ズミタール)。
ハタチの無職小僧が持つのにふさわしいカメラかどうかはまあわかりませんが最高の相棒を手に入れられました。
こんなゆっくりしたカメラを持ってどこか遠くへ行ける日が来るのでしょうか?
その日が待ち遠しいと同時に、ガンガン鞭を入れて(?)使ってやりたいと思います。
ああ、ライカM2・ズミクロン・エルマー・ヘクトール…etcが欲しい…(ライカ病?笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| カメラ関係 | 20:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帰省スナップー岩屋堂

愛知・瀬戸へ帰省した時のスナップ写真です。
私の実家の近くには岩屋堂公園という瀬戸の奥座敷があります。

Scan10119.jpg
MINOLTA CLE + Leica Summitar 5cm f2.0 Kentmere400 (フジSPD希釈現像1段増感)

紅葉の季節のは実家前の国道で渋滞が起きるほど愛知ではそこそこ?な紅葉スポットでもあります。
まあ帰省したのは紅葉シーズンをとうの昔に過ぎた年末だったので人は皆無でしたけどね。

Scan10126.jpg
MINOLTA CLE + Leica Summitar 5cm f2.0 Kentmere400 (フジSPD希釈現像1段増感)

タイのタクシーであるトゥクトゥクがこんなところに。
そういえば瀬戸市内ですごく稀にこのトゥクトゥクをみるのですが、ひょっとしたらここの方のモノかもしれませんね。

Scan10128.jpg
MINOLTA CLE + Leica Summitar 5cm f2.0 Kentmere400 (フジSPD希釈現像1段増感)

今回の現像液はKodakのD76ではなくフジのスーパープロドール(SPD)です。
ケントメア400での現像データが1:1希釈のノーマル現像しか見つけられなかったのでまあ適当に15分20℃で現像してみました。
D76と比べると若干硬い印象を持ちますが、増感した割に暗部は意外と粘ってます。
個人的にはD76よりSPDのほうが増感ケントメア400にはいいかもしれません(まあSPDは増感現像液だし多少はね?)
ケントメア400にはT-MAX専用現像液も合うとの情報を得たので使ってみたいのですが、T-MAX専用現像液は値段が高いところと量が多すぎることですかね…(^_^;)
値段も安いですしこれからは増感ケントメア400にはSPDを常用したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| スナップ写真 | 14:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライカ ズマロン3.5cm f3.5 購入しました

新春初購入。
ライカの広角レンズ、ズマロン35mm f3.5(Lマウント)を購入しました。
シリアルは101番代なので1952年製のレンズですね。

WP_20170111_012.jpg

外観はかなりきれいなのですが中玉が少し曇り気味。
まあズマロンはどれも曇ってるような気がします。
なのでしょうがないです。
安いし実用的ですけどね。

WP_20170111_014.jpg

いつものL-Mアダプターを介してミノルタCLEにつけるとこんな感じ。
こぶりなRFカメラであるCLEにはお似合いな気がします。
ホントにこんな小さなレンズで写るのか…?(^_^;)
あとCLEには35mmの枠がないので50mm同様勘でフレーミングするか、手持ちの正像ビドムを使うことになります。
早く実際に使用して、写りを堪能してみたいものです。

(どうでもいいですけどNokia 925のカメラいいですね。ブログならこれで十分かもしれません。さすがカール・ツアイス)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| カメラ関係 | 22:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新年のご挨拶&アメリカン

2017年初投稿です。
あけましておめでとうございます。

さて、今年は3月頃に故郷の愛知県に帰り1年ほどゆっくり過ごすことになりました。
所謂ニート(?)状態。
でも最初の方は就職活動(2回め)するつもりです。

そういえばKodakが内式リバーサルフィルム「エクタクローム」を復活させるそうですね。
私がカメラを始めたときにちょうど販売終了になった製品です。
そのため実際には使ったことがありませんが、エクタクロームで撮られた写真(というかKodakのリバーサルフィルムで撮られた写真)に大変なあこがれを持っていたため今回の復活はすごくうれしいです。
今年の第4四半期に発売されるようですが、このフィルムを持って旅行とか出来たら…などの妄想する日々を過ごしております(笑)

Scan10093.jpg
MINOLTA CLE + Leica Summitar 5cm f2.0 Kentmere400 (Kodak D76原液現像1段増感)

最後に去年のクリスマス前に大手町で撮った写真でも。
アメリカンな感じがしますが大手町です。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| 日記 | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。