みどうきんのひとりごと

東京都内で適当にスナップ写真撮ってます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 清泉寮のソフトクリーム編

前回までの旅の記録
その1:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 桜とEF64編
その2:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 大日影トンネル遊歩道編
その3:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 高原風景と唐揚げそば編
その4:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 メルヘンでファンシー廃墟な清里編


18きっぷで行く勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅もいよいよラストです。
今回は清里駅前から清泉寮へソフトクリームを食べに行く編です。

DSC_4767.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

清泉寮へと続く道。
まるで海外旅行をしている気分です。
清泉寮へは徒歩でゆっくり行くことに。

DSC_4768.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4769.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

牧場が何件かありいかにも高原といった風景。
空気も澄んでいて気持ちよかったです。

DSC_4770.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

当然牧場なので牛がいます。
乳牛?

DSC_4771.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

シャッターを切る音に反応して寄ってきたと思ったら…

DSC_4772.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

またすぐに牧草を食べ始めちゃました。

DSC_4773.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

牧場らしい建物。
欧州風の建物を見るとどんなところでもついついシャッターを切りたくなってしまいます。

DSC_4777.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

東京ではこれほど大きくて澄んだ空は観ることが出来ないでしょう。
写真にもあるように大空を飛行機がひこうき雲を引きながら飛んでいきました。

DSC_4779.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

清里駅から30分ほど歩いて清泉寮に到着。
こちらは清里駅周辺と違い結構賑わっていました。

DSC_4780.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

清泉寮から見える風景。

DSC_4781.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

で、こちらが目的のソフトクリーム。
お値段400円(たしか)
味の方はというと濃厚で酸味があるソフトクリームでしたね。
ヨーグルトとかの味を思い浮かべていたたければいいかと。

DSC_4783.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ソフトクリームを舐めながら清里駅へ戻ることに。
その途中にあったこの人形…誘ってますねえ(意味深)

DSC_4784.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

白樺。
白樺を見ると遠くへ来たんだなあと実感させられます。
ぼくの大好きな木です。

さて、ここから野辺山に向かう予定でしたがある事件が起こってしまいました。
のんびり歩いてると踏切の音が。
嫌な予感がすると・・・

DSC_4785.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

野辺山方面へ向かう列車が通過していきました・・・。
2時間に1本くらいしか無いローカル線では痛恨のミスです。
みなさんは当たり前ですが事前に列車の時間を調べて行動しましょう・・・

DSC_4788.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

清里駅に戻るとちょうど小淵沢行きの列車がすぐに来るみたいなので帰路につくことに。
2時間待つのもアレですし・・・。
野辺山はまた次の楽しみにしておきましょう。
上の写真は小淵沢行きの列車の車内から撮影。

DSC_4789.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ご覧のとおり帰りは空いていたのでゆっくり車窓を楽しむことに。

DSC_4790.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

小淵沢に到着後小海線から中央東線の高尾行きにのりかえ。
久々に中央東線のボックス席の列車に乗りました。
長野総合車両センターにいる211系のセミクロスシート車である0番台、1000番台は17編成。
ロングシート車である2000番台、3000番台は33本なので約半編成しかありません。
115系が引退し、今は211系ですがやはりボックス席は列車旅にお似合いです。

DSC_4791.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

大体5時頃に高尾駅に到着。
すぐ隣の中央線快速に乗り換えて新宿へ帰ります。
途中中央特快に乗り換えられたので到着は18時過ぎとなかなかいい時刻に帰ってこれました。

東京から大体3時間ほどで行けて景色良し・空気良しの勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅。
道中食べた山賊そば、ソフトクリームも美味でした。
気分転換にはちょうどいい旅だったと思います。
次こそは野辺山に行きたいですね。(てか4月のはじめの話なのにもうすぐ5月だ・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 旅行記 | 19:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 メルヘンでファンシー廃墟な清里編

前回までの旅の記録
その1:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 桜とEF64編
その2:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 大日影トンネル遊歩道編
その3:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 高原風景と唐揚げそば編

ついに清里に到着。

DSC_4731.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

小海線の清里駅周辺をぶらつくいてから清泉寮を目指すことに。
自転車を借りても良かったのですがまずは写真を撮りながらゆっくり清里の街を練り歩きました。

DSC_4736.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4735.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

駅舎のすぐ近くには高原のポニーと呼ばれたC56型蒸気機関車の149号機が保存されていました。
この149号機は1938年に製造され1972年に引退。
小海線は約31年間走ったそうです。

DSC_4737.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

駅前アート。

DSC_4739.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

清里駅駅前。

DSC_4741.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4742.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

街のどこからも八ヶ岳を望むことができます。

DSC_4744_201604191933420cf.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

土手を走っていた小学生。
青空に赤い服は映えます。

DSC_4749.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

薪。

DSC_4750.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4752.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4754.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

清里の建築物。
メルヘンで日本のいることを忘れそうですがどこもシャッターが降りていて閑古鳥が完全に鳴いています。
駅前の通りなのに人っ子一人も見かけませんでした。
これらの建物のほとんどが営業しておらず売り物件や廃墟となっていました。

DSC_4755.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4756.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

緑のお城は一見綺麗でメルヘンな建物ですが壁や窓の装飾に汚れや痛みがみられます。
これらの建物やペンションは70年代、80年代に巻き起こった「清里ブーム」によって相次いで建てられていったそうです。

ちなみに清里の最盛期の動画がYouTubeにありました。

私が撮った写真と比べると車と人の多さに驚かされます。

DSC_4757.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

この広場も70年代80年代は賑わっていたことでしょう。
ちなみに写真に写っている時計は一応動いているのですがもう今となっては誰も必要としないでしょう。

DSC_4759.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4760.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

きのことおとぎ話でてきそうなメルヘンな木のキャラクターも寂れすぎて軽くホラーです。

DSC_4761.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4762.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4765.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

床も抜け落ちテーブルなども放置されたままです。
牛乳?を入れる金属製の入れ物もありました。

DSC_4763.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4766.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

野辺山牛乳の牛乳入れも悲しげ。
かつては坪単価500万円だった清里駅駅前の不動産価格も今は5万円となってしまったそうです。
完全に寂れきった清里ですがわたしはコレはコレで味があると思います。

あと寂れているのは清里駅前だけであって萌木の村や清泉寮をはまだまだ立派な観光地なのをご留意頂きたいです。

次は清里から歩いてソフトクリームを食べに清泉寮を目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| 旅行記 | 20:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 高原風景と唐揚げそば編

前回までの旅の記録
その1:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 桜とEF64編
その2:18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 大日影トンネル遊歩道編

勝沼ぶどう郷をあとにし次の目的地である清里高原へ向かいます。

DSC_4706.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

車内から勝沼ぶどう郷の桜を望む。

DSC_4709.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4714.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

小淵沢へ近づくと日本とは思えない風景が車窓に広がります。
気分はヨーロッパ旅行?
ただ窓が汚いのが残念です。

DSC_4716.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

列車は小淵沢の構内へ滑り込んでいきます。
小淵沢まで来ると乗客はほとんど乗っておらず自由気ままに車窓から見える風景の撮影を楽しむことができました。

DSC_4717.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

小淵沢へ到着。
到着した時間はちょうどお昼ごはんの時間。
小海線(2時間に1本くらいの路線)への乗り換え時間は15分もないくらいですが改札出てお昼を食べることに。
実はこのお昼ごはんも今回の旅の目的の一つだったりします。

20141230_3107263.jpg
iPhone4

改札を出たすぐには立ち食いそば店があるのですがそこに今回のお目当てがあります。
山賊そば420円。
唐揚げが乗ったそばです。
我孫子の駅そばにある唐揚げそばみたいなものですね。
唐揚げはかなりボリュームがあるので小淵沢で途中下車した際はぜひ。

DSC_4719.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ほんとはゆっくり味わいたかったのですがそんな時間はなくすぐさま食べ終え小海線が出るホームへ。
小海線はワンマンのキハ110×2両のローカル線。

DSC_4721.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

エンジンを唸らせながら小淵沢を出発した小海線はまず大きく開けたところをカーブしていきます。

DSC_2777_3.jpg

実はここは有名撮影地である小淵沢カーブです。
私は今年の1月に初めてここで撮影しました(写真はその時のもの)

DSC_4725.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4728.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

心地よい振動を出す気動車に揺られしばらくすると次の目的地清里に到着。
降りた瞬間から都会とは違う空気の清々しさを全身で感じます。

DSC_4729.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4730.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

2時間に一本の列車を見送ることに。
気動車はエンジンを唸らせながら清里を発車していきました。

DSC_4732.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

高原列車。
次回は清里を散策、そして目的のソフトクリームを食べに清泉寮を目指します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| 旅行記 | 22:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 大日影トンネル遊歩道編

前回は勝沼ぶどう郷周辺の景色、桜、EF64についてでしたが今回は大日影トンネル遊歩道(大日影トンネル)編です。
18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 桜とEF64編

DSC_4660.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

大日影トンネル遊歩道は中央本線の大日影トンネルを再利用した遊歩道です。

Wikipediaによると
""大日影トンネルは、1896年(明治29年)に始まった中央本線八王子駅 - 甲府駅間建設に伴い掘削された。レンガ積みで造られた同トンネルは1902年(明治35年)に貫通、1903年(明治36年)に同区間は単線で開通し、勝沼・塩山・甲府などの甲州街道沿いの町々と八王子・東京との間の物流の所要時間は短縮され、ぶどうやワインの輸送量が爆発的に増加するなど、鉄道とトンネルの開通は地域の経済発展に大きく寄与した。輸送量の増大に合わせ1931年(昭和6年)に同区間の電化が行われた。

1968年(昭和43年)には複線化に伴い、並行して掘削された上り専用の新大日影トンネルが開通し、単線であった従来の大日影トンネルは下り専用とされた。1997年(平成9年)には線形改良等のため、隣に下り専用の新大日影第2トンネルが開通し、大日影トンネルは用途廃止された。その後は長らく放置されていたが、2005年(平成17年)にJR東日本から旧勝沼町へ無償譲渡され、2007年(平成19年)8月に遊歩道として整備された""

そうです。

DSC_4661.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

構内は照明がありますがとても暗いです。
レールも現存しており足元には注意しましょう。
また場所によっては水が湧いていたりもします。

DSC_4664.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4666.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

JR非常用電話もこの通り残っています。

DSC_4667.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

隧道の全長は1367.8m。
途中にこのような休憩所が2箇所あります。
また隧道の歴史についての展示物もありました。

DSC_4669.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

中間地点。

DSC_4675.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4677.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

この通り勾配標も現存。
ここまで保存するとはやりますね。
勝沼ぶどう郷に向かって25.2‰、25‰の下りが続きます。

DSC_4680.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

トンネル上部には蒸気機関車が走っていた時代に付いた煤がこびりついています。

DSC_4683.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

元来た道を戻る。
時間の都合で最後まで行くことがでませんでしたがなかなかいいものが見れました。
朝一で行ったので人はぼくだけで静かにゆっくりと歩くことができ、満足です。

DSC_4685.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

隣は新大日影第2トンネル。
こう見ると旧トンネルは小さいですね。

DSC_4705.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

駅に戻り引き続き下りの中央本線で次の目的地に向かいます。
次回はソフトクリームを食べに清里高原へ編です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| 旅行記 | 01:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

18きっぷで行く 勝沼ぶどう郷・清里日帰り旅 桜とEF64編

先日18きっぷが一回分余ったので中央本線を使って日帰り旅行をしてきました。
今回は勝沼ぶどう郷と清里へ。
事前に列車の時刻を調べずに行くいきあたりばったりな旅行です(ポケット時刻表は流石に持って行きましたけど)

DSC_4632.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4633.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

出発は池袋。
まずは中央線快速に乗るために埼京線で新宿へ。

DSC_4634.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

本当は高尾行きの中央特快に乗りたかったのですがぼやぼやしていたら乗り遅れてしまいました。
仕方ないので次の快速でのんびりと行くことに。

DSC_4635.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

新宿から中央本線の旅が始まります。
新宿から高尾までだいたい50分位です。
下りなので朝の時間帯でもそこまで混んでいません。

DSC_4636.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

高尾からはこの水色とエメラルドグリーンの帯を巻いた211系に乗り換え。
少し前までは115系天国だったんですけど寂しいですね。

DSC_4637.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

車窓から桜を眺める。
電線が邪魔ですけど。

DSC_4644.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4639.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

列車に揺られること約2時間。
最初の目的地勝沼ぶどう郷に到着。
乗ってきた列車は桜に囲まれたホームを発車していきました。

DSC_4641.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4648.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4645.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ホームからは桜田ではなく八ヶ岳や南アルプスも一望することができます。

DSC_4700.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4701.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4702.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

駅舎内には可愛らしい人形がありました。

DSC_4696.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

駅前のロータリー。
タクシーが集結。

DSC_4695_201604090038228d8.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

駅前広場から眺める甲府盆地と南アルプスは絶景です。

さて勝沼ぶどう郷に降り立った理由は桜とEF64と大日影トンネル遊歩道。
今回は桜とEF64編です。

DSC_4650.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4652.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

かなり綺麗な状態で静態保存されています。
甲府市とJRが維持管理しているのでしょうか?
こういった保存は大体維持費がかさみ見るも無残な姿になることが多いのですがこちらのEF64は昨日まで現役で中央東線で貨物を引いていたくらい綺麗な状態で保存されていました。

DSC_4651.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

こちらのEF64型電気機関車18号機は昭和41年5月18日に東芝で新製。
主に中央本線で貨物を引き、その後南武線、篠ノ井線、青梅線などで活躍し、平成17年3月に現役を引退したようです。

DSC_4655.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4654.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

2エンド側を見上げる。
こうしてみるとやはり電気機関車は大きいです。

DSC_4692.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4658.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

桜とEF64

DSC_4693.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

DSC_4688.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

EF64に周りには桜が咲き乱れていました。

DSC_4659.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

こちらは旧ホームでしょうか?
桜が屋根代わりになってるみたいです。

DSC_4689.jpg
Nikon D3 + Ai AF Zoom Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

甲府盆地と南アルプス。

今回はここまで。
次回は大日影トンネル遊歩道編です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| 旅行記 | 01:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。